ひろやす荘~働くスタッフの声

staff_voice

特別養護老人ホームひろやす荘で実際に働いているスタッフの2名に声を聞いてみました!
職場の雰囲気を感じていただければ幸いです。ぜび私たちと同じ環境で一緒に働きませんか?

介護職員  富髙 祐生さん



所属:ユニット型入所 介護職員 富髙 祐生さん 入社日:平成31年度4月

◆現在のお仕事
ご利用者が快適に生活できるよう、食事や入浴、排泄など、身体的な介助はもちろん看護職員とともにご利用者の健康管理をおこなったり、理学療法士などのリハビリ専門スタッフと協力しあって身体機能の維持・回復をサポートしています。

◆ひろやす荘に就職しようとしたきっかけ
中学校の職場体験で、他の老人ホームで介護の体験をさせて頂いた時に、とてもやりがいのある仕事だと感じ介護の仕事に就きたいと思いました。色々な施設のホームページを見た所、アットホームな雰囲気のひろやす荘に目を引かれ、ここで働きたいと就職を決めました。

◆職場の雰囲気
私は、全く介護の知識が無い状態で就職したので、初めての事がいっぱいで分からない事ばかりでしたが、丁寧に分かるまで教えて頂き、ひとつひとつ確実に身に付けることが出来ました。
そしていつでも相談できる先輩スタッフが沢山いらっしゃるので、とても心強いです。

◆今後について
まだ知らない事が沢山ある為、少しずつ学んで利用者さんを笑顔に出来る介護職員になりたいと思っています。

生活相談員 麻生 聡一郎さん



所属:通所介護事業所 ココカラ 生活相談員 麻生 聡一郎さん 入社日:令和元年10月1日

◆現在のお仕事
通所介護事業所(ココカラ)の生活相談員を担当させて頂いております。
 具体的な仕事内容は、ご利用者様の利用状況の確認や調整、担当者会議への参加、介護支援専門員や関係機関との連絡窓口などです。1人ひとりにあった支援に繋げられるよう、日頃よりご利用者様やご家族様との関わりを大切にしています。

◆現在の職場に来るきっかけ
以前は主に、障がい者福祉を学び仕事をしておりました。障がい者福祉においても高齢化が進み課題点が挙げられる中、実際に高齢者施設で学びたいという興味が湧き現在に至ります。また、私自身も熊本地震で被災した経験から、何らかの形で益城町に貢献したという思いもあり、ひろやす荘を選びました。

◆職場の雰囲気
手取り足取り教えて下さり、分からないことは「分からない」と素直に言える雰囲気の職場です。また、充実した内部研修が取り組まれており自己研鑽に繋がっています。
仕事内容だけでなく、プライベートな話しや相談が出来る上司・先輩方々がおられ、私の長所である笑顔が活かせているように感じます。

◆今後について
「福祉とは何か」という問いに正解を出すことはできません。人生の感じ方は人それぞれであり、同じ価値観を求めることもできません。ただ「幸せ」と何かしら感じられることが福祉なのではないかと思っています。1人ひとりが感じる「幸せ」に少しでも近づける、ちょっとした材料のような人物になりたいと思います。